地方でビジネスを成功させるために必要な2つのカギ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方でも十分やっていける!

福岡に拠点を出して以来、4年連続赤字の福岡支社を異動1年目で黒字にかえることが出来ました。

2年目の伸び率は前年対比(粗利)で197%。3年目で前年対比(粗利)178%とそこそこ好調をキープしています。

地方の経営はひとすじ縄ではいかないと思われがちですが、地方にはその地方の特性を把握し実行すればかならず成功します。

たしかに人口が少ない分、ビジネスも難しいだろう・・・
と思い込むまれるのも無理はありません。

事実、大手上場企業の支店ですら採算がとれていないケースもあります。

確かに地方都市の人口は首都圏とくらべると圧倒的にすくないです。
が、売上を上げることはそんなに難しいことではない!と断言できます。

高卒の私ですら出来たのですから、たいていの人ならできるはずです。

ということで、私が「どうやって売上を伸ばしてきたのか?」をお話しようと思います。

【違いを認識すること】

まず、東京や大阪といった大都市圏とのちがいを認識することです。

孫子の『彼を知り己を知れば百戦危うからず…』ではないですが、ちがいを認識すれば、戦略がたてられます。

人口=企業数

文化=商圏特性

大きく分けるとこの2つ。

【 人口=パイの違い 】

まずは人口。
これは圧倒的に違います。東京で18年間ビジネスをして福岡に戻ってきましたが、この差はおそらく肌感で10倍はあるのではないでしょうか?

首都圏約3600万人
福岡都市圏(北九州含む)約400万人
人口差だけで考えると9倍差ですので私の肌感とほぼ同じ。

ですが、ビジネスは相乗効果。それ以上の差があるような気もします。

私が住む福岡都市圏の売上比率は平均すると全国の約10パーセントという統計数字が出ています。

ならしてみるとそんなものかもしれませんね。。

しかし、実体験からですが、私が首都圏で上げていた売上と福岡都市圏での売上の差は実は2.5倍なんですね。

10%が正しければ10倍差になるはずですが、実際はたったの2.5倍。

好調の時には首都圏時代を追い抜く時もあります。

【 文化の違い 】

首都圏はあまりにもターゲット数が多すぎてイチ顧客に対する想い入れが低くなりがちです。

それに比べ福岡のような地方都市圏はさほど顧客がいるわけではないため、『十発十中』のマインドで顧客に向かわなければなりません。

絶対数が少ないのでイチ顧客に対してとうぜん時間もかけられます。

時間をかけれる→コンタクト回数を増やせる→親密になれる・信頼関係がつくれる→仕事に繋がる。

というロジックです。

また、文化特性としては、かなり「ウェット」です。仲間意識が非常に強い。

地域によって多少違いはありますが悪いことばで言うと「閉鎖的」なところが多い。

そんなところに首都圏ばりの「ビジネスありき」で突っ込んでいっても、成果は出ないでしょう。

まずは相手に聞く耳をもたせるためにも「信頼関係」をつくってからビジネスの提案をしなければ、時間の無駄になるケースが多いです。

【攻め方を考えること】

そして一番やってはいけないことがあります。
特に首都圏でのビジネス方法にどっぷりつかった人がよくやること。

それは攻撃範囲を広げるということです。

少ない顧客に時間をかけるのではなく、「攻撃範囲をひろげて数を増やす」ということです。

私のケースで言えば福岡県のみならず、南九州方面や山口地方まで手(足)をひろげ、数を取りにいくことです。

攻撃範囲をひろげると移動時間のみならず体力もロスしますので、結果的に成果は出ません。

ここがダメなら次、また次・・・そして次・・・

エンドレスに攻撃範囲をひろげた結果、顧客数はある程度増えたけど、やたら移動時間がかかる。

時間かけた割には規模が大きくないから思ったように売上が上がらない…。という泥沼に突入してしまいます。

日露戦争の秋山真之氏は「一転突破」を貫きました。

いわゆるランチェスターの法則です。少ない兵力を分散させては補給戦線も広がり長期的には干上がります。

あなたのビジネスはどうですか?
腰を据えて顧客に向き合ってますか?

地方でのビジネス成功の方程式は「顧客に向き合い信頼を勝ちとる」ことです。

決して戦線を広げてはいけません。
アップセルやクロスセルを使い深堀することが大切なのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新規開拓なんて笑い飛ばせます・・・こんな簡単な方法を知るだけで

新規開拓は正攻法でいくと本当にむずかしい

新規開拓って正攻法でやっても本当にむずかしいですよね。私も福岡にきた当初はそれはそれは苦労しました。

そもそもコンタクトをとろうにも、担当者の名前がわからず、「情報システムの方にこんなサービスがあって、いい提案ができると思うのですがご担当者様はおてすきでしょうか?」とテレアポや飛び込みの連続です。

なんとか糸口をつかもうとするものの、待たされたあげくに「不在です」や「間に合ってます」と…。

もはや私にとって新規開拓はトラウマですね。
ことわられるたびにみんな悪い人にみえてくる…。

みんなが悪い人ではないということぐらいは頭ではわかっていても、こうまでたて続けにことわられると人格を否定されているようで、人間不信になりそうでした。

【全てを変えた出会い】


そんな不毛な日々をすごしているときのことです。

私は友人の紹介で一人の老人と出会いました。

その老人は80歳もちかいというのに、背すじはピンとのび、目ヂカラがある。しかも、いい意味でカネにもうるさい。

そして、当時の私には信じられないぐらいの人脈をもっていました。

この人に応援してもらったらどんなことになるんだろう?と…。
恐れおおくもストレートに「顧問になっていただけないですか?」とお願いしてみました。

そして全てが変わりました…。

どんなことをしても担当者にすらたどりつけなかったあの大企業の社長が、私なんかのはなしを真剣に聞いてくれて、さらにその場で担当部署の責任者をよんでくれるんです。

社長が直々にですよ。

これは夢かと…。

社長からの紹介となると責任者としては「なんとかしなくては」と普通の業務より真剣にとりくんでくれます。

そして、商談がでた瞬間に間髪いれず顧問から「このあいだ紹介してくれた〇〇さん、よくやってくれてるみたいよ。ありがとう。」と相手先の社長につたえてもらえれば、もはやこたえは明白です。

結果は想像どおりです。

破竹というのはこういうことを言うんだろうなぁと。

【結果を出す方法】


このコンテンツでは実際に私が実践して結果を出した新規開拓の方法を具体的に解説しています。

このノウハウを知り、行動すれば、今のあなたには考えられないスピードで新規取引先をふやすことができるでしょう。

たとえばこんな感じに…

担当者:社長!あの企業から商品の問い合わせが!
・・・・・・
あなた:ホントに?ウソでしょ???

担当者:あした来てくれって言われてるんです。社長、スケジュールあいてますか?

あなた:…今までの苦労はなんだったんだよ…。

とまぁこんな感じになります。

【会社を存続させるエネルギー】


「新規開拓」は、会社が生き残っていくために必要なエネルギーです。

カラダにたとえる炭水化物のようなもの。
エネルギーがないとカラダが動かないですよね。

新規開拓が大切ということは頭ではわかってはいるがおもうように開拓できない。

とにかく今は少数の既存客だけにささえられている…という会社も多いことでしょう。

しかし、よくよく考えてみてくださいね…

ある日、大口の取引先が競合にうばわれたら・・・

ある日、大口の取引先が倒産すれば・・・

ある日、大手資本がはいった競合が現れたら・・・

こたえは明白ですよね…。

あなたが知らないあいだに、直視できない、いや、したくない未来がすぐそこまでやってきているかもしれません。

そうです。
既存顧客だけに依存する依存型ビジネスはリスクが高すぎます。

そんな最悪のシナリオを回避するためにも、この方法を実践し、新規開拓をおし進めてみてはどうでしょうか?

この実践レポートには

・開かないトビラ(新規開拓)を開ける顧問のチカラ

・どんな顧問と契約すればいいのか?

・具体的な顧問契約の内容

についてわかりやすく解説しています。

・あの企業、どうすれば話を聞いてくれるんだろう…?

・担当者まではなんとか会えた。でも話がまったく進まない…。

・飛び込み営業なんて効率が悪いことなんかわかっている。でも…。

こんな悩みをもつ経営者にはぴったりのノウハウです。
すごくシンプルかつアナログなやり方ですが、効果はバツグン。

一度味方につけてしまえばまさに鬼に金棒、強烈な顧問と契約する方法です。
実際に私もこの強烈な顧問の人脈をかりて、毎月平均4社の新規企業を開拓してきました。

4社って意外と少なくない?と思うかたもいるかもしれませんが、ほとんどが従業員500名以上の企業です。その売上たるや2倍どころではありません。

冷静に考えてみると、よくあんな大企業と取引できたなぁ…と思います。

特に私の顧問はスーパー強烈で、ドラゴンクエストの「最後のカギ」クラスです(笑)。

もし、あなたがサービスや商品に自信はあるけれど、人脈や営業力がない…。

売上がうまく伸びなくていつも不安…と思っているのであれば、この実践レポートを試してみてください。

【このコンテンツを実践すれば…】


・話すら聞いてくれなかったあの大企業のトップがあなたの提案を真剣に聞いてくれます。

・たとえ競合が来ても、のりかえられる可能性はかなり低くなります。

・相手方の担当者が相見積もりをとらなくなります。そして、そう簡単には切られなくなります。

どうでしょう?
あなたが現状に満足していないのであれば、このコンテンツはあなたのビジネスのブレイクスルーになると思いますよ。


と、ここまで読んでいただきありがとうございました。

気になるのはこの実践レポートの料金ですよね。

効果てきめん、かつ、アナログなやり方なので、誰でも実践でき、結果をだせるとなると、そこそこの値段は必要になります。

新規を1件獲得するのにかける費用を計算してみてください。

たとえば社員一人が月に2件新規を獲得してくる。その社員の給料は安くみて20万と仮定したとしても、新規1件を獲得するにあたり、必要なコストは10万円となります。

このコンテンツを試して月に4件の新規獲得ができるとなると、ひと月で40万円の価値はあります。

【期間限定公開】


が、実はこのプログラム、まだまだバージョンアップをかさねながら発信しているので、完成したら40万円で販売する予定ですが、今のところ会員限定で無料公開しています。

コンテンツがかたまり次第、有料にする予定ですが、今のところは当サイトの会員限定ページで公開しています。

会員限定ページのコンテンツを見るには、まずは無料メルマガ登録フォームでメールアドレスを登録してください。

メールアドレスを登録いただけると、パスワードを送信します。

期間限定で無料公開にしていますので、是非メールアドレスを登録してアクセスみてくださいね。

無料メルマガに登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す