SNSを地域ビジネスに活かすには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSを地域ビジネスに活かすには?

インスタグラム、フェイスブック、ライン…最近SNSという言葉をよく耳にすると思います。

もはや知らない人はいないだろう?というほど一気に市民権を獲得したSNS…。

しかしまだ、このSNSをビジネスに活かしきれている企業はほんのひとにぎりです。
いちおうホームページとフェイスブックを連動させてはいるけど…ぐらい。

それもそのはず。SNSは普及スピードがはやすぎたので、専門家もほとんどいない状況ですし、ホームページ制作会社もノウハウなんてまったくもっていません。

ホームページとSNSの違い

そもそもホームページとSNSは毛色がまったく違う。
htmlコードやなんやらを分からなくても、誰でも使えるのがSNS。しかも無料で使えるから、これだけ一気に普及したんですよね。

ホームページは基本的にはお客様に見に来てもらうためのもの(その後にサイトごとの目的はありますが…)。それに対し、SNSは情報を発信するツールです。同じようにとらえられガチですが、全く意味あいがちがうんです。

このSNSとホームページの連動をうまく使っていけば、市場規模の小さい地域でも売上げをのばすことができます。
いや、逆に地方こそSNSがばっちりはまるといっても過言じゃないでしょう。

SNSとホームページ連動のイメージは、ホームページを旗艦船とかんがえ、基本的にはこのホームページに見込客を連れてくる施策をとります。

・ホームページがあっても、あるだけでは誰も見にきてくれない。
・ホームページは見にきてもらわなければなんの意味もない。
・しかし、検索上位に持っていくにはSEOに時間と労力がかかる。
・もしくは広告をうたなければならない…。

ホームページ単体で考えると、上記が現状になります。となると上位表示させることは必須ですので並行してやっていきますが、上がるまで待っていてはもったいない。

SNSの真のパワー

ここでSNSのパワーが発揮されます。

SNSはいわゆるメディアです。

一昔前まではメディアというとテレビやラジオ、新聞折込などというマスメディアにお願いするしかなく高額な宣伝費が必要でしたが、いまは個人が情報を発信できる時代になったのです。

それがSNS。

あなたはペヤングゴキブリ事件をおぼえていますか?以前、ツイッターの一つの投稿がきっかけでペヤングが営業停止にまで追い込まれた事件です。

この事件自体はネガティブですが、たった一人のつぶやきがあの大企業を営業停止にまで追い込んだのです。

投稿者の意思は別にしても、もはや一人の人間の情報発信力をあなどってはいけません。

もはや消費者は都合のいい情報しか流さないマスメディアに対して不信感を抱いています。

嘘ばっかりつくマスメディアより、信用できる仲間の情報、いわゆる「SNSのほうが信用できる」という時代になりつつあるのです。

SNSをビジネスに利用する方法

これをうまくビジネスに利用しない手はない。
SNSでうまく情報を発信して、見込み客を直接、ないしホームページに誘導することが出来れば売上げはあがります。

ここで一番肝心なのは「ターゲット」です。どこのだれをターゲットにするのか?が一番大切なんです。

例えばあなたが福岡の郊外でラーメン屋を営んでいるとします。
そんな状況で、北海道に住む中学生にあなたのお店の良さを伝えたところでほとんど意味はありません。

この場合はこのようなターゲッティングが効果的です。

・来店手段は車利用だと考え、商圏範囲を店から半径15キロと仮定する。
・メインターゲットはファミリー層なので、25歳~45歳の男女。
・子供がいても安心して来店できるということを画像や動画で伝える。
・初回来店特典クーポンをつける。
・「怪しくないよ」「アットホームだよ」ということをさりげなくアピールする。

どうですか?以前であれば、新聞折り込みぐらいしかできなかった広告がSNSを使えば、上記のようにより細かく、より安く、より丁寧にコミュニケーションをとることができる時代になったのです。

工夫さえすれば地方でも無料で集客しつつ、さらにリピート客を囲い込んでいくことが可能なのです。
特に新規客をリピート客に育てていくことが出来るというのがSNSの本当の強みでもあります。

パイの小さい地域ビジネスでも必ず集客はできます。

もっと詳しく知りたいという方は、ラインともだちにだけ秘密の情報を伝えてますので、是非ともだち申請してみてくださいね(笑)

 

友だち追加↑ラインともだちには週イチペースで、地域ビジネスに役立つ情報や極秘情報を共有してます。↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

地方だからこそSNSを使わなきゃ!その理由と方法を公開中

地方だからこそSNSを使わなきゃ!

マーケティング会社「ジャストシステム」の最新の調査によると、動画を再生するデバイス(機器)はついにスマホがパソコン・テレビを追い抜き1位を獲得しました。

日本国内においてはスマホ保有率は全世帯の70%をこえ、さらにそのスマホユーザーはスマホ利用時間の70%をSNSについやしています。

これからまだまだ増えつづけることは容易に想像できるでしょう。

この事実をどうとらえるか?で間違いなくあなたのビジネスは大きく左右されます。

SNSというとITの分野にはいりますが、ちょっと性質も違うし、そんなに難しいものではありません。

SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービスの略。無理やり日本語に略すとすると「社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービス」のことです。(なんのこっちゃ?)

私もITアレルギーでした

そもそもITというと難しいものに思えてしまい、アレルギーが出る人も少なからずいると思います。
現に私もそのうちのひとりですが、この文章を読んでくれているあなたは、すでにこの時点でITに触れているということです。

私もITという言葉が嫌いでした。(今でも嫌いですが…)
インターネットテクノロジーとは言いますが、なんかオタクがやっているような気がして、血が通っていないようにかんじてしまうんですよね。

それを助長させているのがホームページ制作会社とかその取り巻き。
少しITのことが分かるからといって、やたらと横文字ばっかり並べてくる痛いやつが多いんですよね。

ディティールとかコンバージョンとか横文字使えば偉くなったと勘違いしているんでしょうね。日本人のくせに悲しい奴らです。

芸能界じゃないんだから専門用語はやめろよ!と。
作るのは専門家のお前かもしれないけど、使うのはしろうとなんだからしろうとにも伝わるように分かりやすく教えろよ!と。。。

まぁ、そんなITオタク?が今、窮地にたたされているようです。
というのも、グーグルやヤフーなどによる検索の件数が減少し、スマホユーザーの情報入手方法がSNSに移行しつつあるからです。

ググに脅威なSNSの台頭

少し前までは何か調べたいことがあると、「ググる」という言葉があったようグーグルやヤフーで検索するのが主流でした。
しかし、グーグル検索は広告ばっかりでデマが多い…などの理由からか、「信用のおける仲間が集まるSNS」から情報を入手するという流れに変わってきています。

私も以前はメール会員にはメールで配信をしておりましたが、現在はメール配信はやめてライン@配信に切り替えています。

ライン@という神ツール

そして、ライン@に切り替えて思ったこと。
それは、お客さんとめちゃくちゃコミュニケーションが取れるってこと。
他愛もない話からビジネスの話までけっこう深くコミュニケーションがとれますし、ライン電話も出来るので使い勝手がめちゃくちゃいいんですよね。

これをやらない手はないですよ!
特に集客が必要不可欠な店舗型ビジネスの方には「神ツール」です(笑)

ん?ラインとライン@って何が違うの?って声が聞こえた気がしましたので、簡単に説明しますね。

みなさんが使っているラインはあくまでも個人のツール。グループを作ればグループ内で会話が出来ますが、基本的には1対1ですよね。

それに対して、ビジネス用に開発されたライン@は1対大勢(ラインリスト)への配信と、ライン同様のコミュニケーションが可能なんです。

仮にあなたが飲食をやっていたとすると、「今日暇だなぁ…バイトも来てるのにやらせることないし…。」みたいなときもあるでしょう。そんな時に、ライン@があればお客様リストに「本日ご来店の方に生ビール1杯プレゼントクーポン」なんかを簡単に作って配信できますし、ポイントカードを作ったりできます。

こっちから送ったラインにお客さんが「まだ席空いてますか?」みたいに返信してくると、そこからは1対大勢のコミュニケーションではなく、1対1でコミュニケーションをとることができるんです。

人はコミュニケーションをとっていると、自然と親しみがわいてきて意識してくれるようになります。
来店動機なんて他愛もないことで決まってしまうので、簡単にコミュニケーションが取れてしまうライン@は本当に恐ろしいツールです。

競合がうまくライン@を活用してるなんて考えるとおそろしくなってきませんか?

まぁ、まだ今の段階では大丈夫でしょう。ライン@の普及率はまだまだこれからですし、ライン@を導入してても本当に上手く活用できている人なんてほんの一握りです。
ですので、もしまだライン@やっていないという方、特に集客が必要なビジネスをやっている方は早めに導入するべきです。

地方こそライン@を使おう

そして…これ、地方にこそばっちりはまるんです。

東京の繁華街なんかは客も店も多すぎて、ライン@で集客しなくても(当然やったほうがいいですが…)そこそこ売上は見込めます。
が、地方はそうはいかない。小さい商圏で少ないお客さんを呼び込まなければならないので、一度来た新規顧客をリピーターにしなければいけません。

地方で生き残るにはリピート客が絶対必要なんですよね。。
これを可能にしたのがライン@です。

これをfacebookと掛け合わせて使うととんでもない集客力に変わります。
え?なんでfacebook?ってなりますよね。

これ話しだすと長くなりますので、もう少しfacebbokとライン@について知りたいというかたは、私とラインともだちになってください(笑)

このノウハウはラインでお伝えしたほうが分かりやすいので、興味のある方は下のバナーからともだち追加をお願いします。
ともだちは簡単にブロック出来ますので(笑)

 

友だち追加↑ともだちになってライン@の秘密を知る↑


HOMEに戻る

SNSでもご購読できます。