社員教育でチカラを入れるべきポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あいつ、ほんとダメダメだなぁ…。
怒りを通り越して呆れるわ…。

こんな感じの社員、世の中結構いますよね。
そして、このタイプを部下に持つと、上司は大変。

毎日毎日怒鳴ったり諭したり、たまによいしょしてみたりと、気がつくと自分の仕事の時間を削ってまで説教してたりします…

しかも、部下を持つような中間管理職には責任感の強いタイプが多いので、これまたタチが悪い。

自分が育てあげなければ!と思い込みどっぷりのめり込み教育はエスカレート。
育てあげることも仕事だ!となんとしてでもまともしなければ!となってしまいます。

【レバレッジの掛け方】

確かに人材教育も大切な仕事の一つ。
ただし、見極めもまた大切な仕事です。

素質のない人間に時間を使っても無駄な時間を過ごすだけ。
それよりも大切なのはなるべく早い段階で素質があるかないか?を見極めることです。

無理なものは無理なのです。

「俺はこうやってきたから、お前もやればできる」というのはそもそも無理な話し。
人も違うし時代背景、環境が違うから無理なんですね…。

素質のない人材は適所に配置することです。
それこそお互いのためになります。

【戦場だとしたら…】

例えば戦場にあなたと部下2人の計3人がいたとしましょう。
部下の一人は経験こそ浅いが、指示したことの意味を考えて行動するタイプのA君。
もう一人の部下は経験はそこそこあるが、指示したことを80%でやめてしまうタイプのB君。

あなたを含む3人が敵城目前で長期戦になったとします。

この場合、一番怖いのは夜営ですね。
昼間戦っているので、夜は休息したい。しかし、いつ敵が攻めてくるか分からない。

この場合どうします?

適材適所を考えると、経験はあるが80%でやめてしまうB君を昼間は休ませて、夜間の見張りだけに集中させる。がベストですね。
「敵が来たら教えろ。それだけで良い」と。

そのB君のおかげであなたとA君は夜間に疲れた身体を休ませることが出来ます。

これが3人一緒に昼間も戦い、夜もウトウトしながら3人一緒に見張りだとどうなりますか?

3人共十分にチカラを発揮することが出来ずに、夜襲なんかにあった日にはヘトヘトの身で全員やられてしまいます。

例えが長くなりましたが、ビジネスにおいても同じ。一人も区別することなく教育していると、あなたを含めた皆が疲弊してしまいます。
そんな状態で良い結果が出る訳がありません。

区別と差別は別物です。
適材を適所に配置するのも戦略の一つです。

また、立場が人を成長させるというケースは往々にしてあります。
こいつは素質があるかも?と思う者には少し上の立場にさせてみることです。

最初は持ち上げられた本人もやりにくいこともありますが、おそらく予想以上のチカラを発揮することでしょう。

今回言いたかったことは3つ。

・見切りをつけることが大切

・適材適所

・立場が人を変える

特に人材教育においては諦めることも肝心なのです。
ましてや我々のような中小規模の地方ビジネスを展開する企業ではなおさらですね。

 

友だち追加↑ラインともだちには週イチペースで、地域ビジネスに役立つ情報や極秘情報を共有してます。↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新規開拓なんて笑い飛ばせます・・・こんな簡単な方法を知るだけで

新規開拓は正攻法でいくと本当にむずかしい

新規開拓って正攻法でやっても本当にむずかしいですよね。私も福岡にきた当初はそれはそれは苦労しました。

そもそもコンタクトをとろうにも、担当者の名前がわからず、「システム部門の方にこんなサービスがあって、いい提案ができると思うのですがご担当者様はおてすきでしょうか?」とテレアポや飛び込みの連続です。

なんとか糸口をつかもうとするものの、待たされたあげくに「不在です」や「間に合ってます」と…。

もはや私にとって新規開拓はトラウマですね。
ことわられるたびにみんな悪い人にみえてくる…。

みんなが悪い人ではないということぐらいは頭ではわかっていても、こうまでたて続けにことわられると人格を否定されているようで、人間不信になりそうでした。

【全てを変えた出会い】


そんな不毛な日々をすごしているときのことです。

私は友人の紹介である男性と出会いました。

背すじがピンとのび、目ヂカラばつぐん。しかも、いい意味でカネにもうるさい九州男児…

そして、彼は私には信じられないぐらいの人脈をもっていました。

この人に応援してもらったらどんなことになるんだろう?と…。
恐れおおくもストレートに「パートナーになっていただけないですか?」とお願いしてみました。


全てが変わりました…。

どんなことをしても担当者にすらたどりつけなかったあの大企業の社長が、私なんかのはなしを真剣に聞いてくれて、さらにその場で担当部署の責任者をよんでくれるんです。

社長が直々にですよ。

これは夢かと…。

社長からの紹介となると責任者としては「なんとかしなくては」と普通の業務より真剣にとりくんでくれます。

そして、商談がでた瞬間に間髪いれずパートナーから「このあいだ紹介してくれた〇〇さん、よくやってくれてるみたいよ。ありがとう。」と相手先の社長につたえてもらえれば、もはやこたえは明白です。

結果は想像どおりです。

破竹というのはこういうことを言うんだろうなぁと。

【結果を出すこと】


この方法は実際に私が実践して結果を出した新規開拓のやり方です。

このノウハウを知り、行動すれば、今のあなたには考えられないスピードで新規取引先をふやすことができるでしょう。

たとえばこんな感じに…

担当者:社長!あの企業から商品の問い合わせが!
・・・・・・
あなた:ホントに?ウソでしょ???

担当者:あした来てくれって言われてるんです。社長、スケジュールあいてますか?

あなた:…今までの苦労はなんだったんだよ…。

とまぁこんな感じになります。

【会社を存続させるエネルギー】


「新規開拓」は、会社が生き残っていくために必要なエネルギーです。

カラダにたとえると炭水化物のようなもの。
エネルギーがないとカラダが動かないですよね。

新規開拓が大切ということは頭ではわかってはいるがおもうように開拓できない。

とにかく今は少数の既存客だけにささえられている…という会社も多いことでしょう。

しかし、よくよく考えてみてくださいね…

ある日、大口の取引先が競合にうばわれたら・・・

ある日、大口の取引先が倒産すれば・・・

ある日、大手資本がはいった競合が現れたら・・・

こたえは明白ですよね…。

あなたが知らないあいだに、直視できない、いや、したくない未来がすぐそこまでやってきているかもしれません。

そうです。
既存顧客だけに依存する依存型ビジネスはリスクが高すぎます。

・あの企業、どうすれば話を聞いてくれるんだろう…?

・担当者まではなんとか会えた。でも話がまったく進まない…。

・飛び込み営業なんて効率が悪いことなんかわかっている。でも…。

こんな悩みをもつ経営者にはぴったりのノウハウです。
すごくシンプルかつアナログなやり方ですが、効果はバツグン。

一度味方につけてしまえばまさに鬼に金棒な人を味方につける方法です。
実際に私もこの強烈な味方の人脈をかりて、毎月平均4社の新規企業を開拓してきました。

4社って意外と少なくない?と思うかたもいるかもしれませんが、ほとんどが従業員500名以上の企業です。その売上たるや2倍どころではありません。

冷静に考えてみると、よくあんな大企業と取引できたなぁ…と思います。

もし、あなたがサービスや商品に自信はあるけれど、人脈や営業力がない…。

売上がうまく伸びなくていつも不安…と思っているのであれば、ラインともだちになって個別にご相談ください。

【この方法を実践すれば…】


・話すら聞いてくれなかったあの大企業のトップがあなたの提案を真剣に聞いてくれます。

・たとえ競合が来ても、のりかえられる可能性はかなり低くなります。

・相手方の担当者が相見積もりをとらなくなります。そして、そう簡単には切られなくなります。

あなたが現状に満足していないのであれば、この方法はあなたのビジネスのブレイクスルーになると思いますよ。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
是非ラインともだちになって色々と相談してくださいね。


 

友だち追加↑ラインともだちには週イチペースで、地域ビジネスに役立つ情報や極秘情報を共有してます。↑


HOMEに戻る

SNSでもご購読できます。