床屋で気付いた地方ビジネスの改良点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

床屋さん!改良点だらけですよ!

わたくし、歳も40歳をこえ、恥ずかしながら髪を切るのは理容室です。いわゆる床屋さん…。

2〜30代のときはカッコつけて美容室に行ってましたが、もうここ最近は近くの床屋さんです。

別に床屋が悪いと言ってるわけじゃありませんよ!誤解なきよう(笑)

私が通う床屋さんは、まぁいわゆるどこにでもある床屋さんです。

何故そこなのか?と聞かれると、「家から近いから」が答えです…

ただ、もっと近くに新しい床屋さんが出来たらどうする?と聞かれると、いや、別に変えるつもりはないと答えます。

人は会った回数、コンタクト回数で親しみを覚えます。3年間、月に一度も通っていれば、もう親友並みですよね(笑)

この、コンタクト回数により人間関係が深まるというのはザイアンスの法則という立派な?法則なんです。

ザイアンスの法則は地方ビジネスにもっとも取り込みやすい手法ですよね。
近くまで来たから…とか書類を届けにきた…とか、なんでもいいので会う口実作ってコミュニケーションをとる。

コンタクト回数を重ねて親密になれば、少々の競合が出てきても揺らぐことはありません。

【残念なことに…】

ただ、私が通う床屋さん。
少しだけ不満点があります。

それは、予約システムがないということ。
行って待ちがあれば、順番が来るまで待たなければなりません。

また、ポイントカードもあるんですけど、なかなかゴールが遠いんですよね…。

もし、私が競合だとしたら、ここを突きます。
予約システムを入れて極力待たせないようにして、ポイントも5回ぐらいきたら全て溜まって割引。

そして顧客ランキングみたいなのつけてランクアップしたポイントカードを渡しますね。
いきなりステーキみたいなランキングイメージです。

これやって単価の見直しをすれば、絶対儲かるのになぁ〜っていつも思います。
まぁ、言ったところで聞きそうにないオーナーなので言いませんが…。

【客観的に見てくれる人をつける】

商売を長くやっていて、ソコソコ食べていけているのであれば、大成功とまではなくても、一応「成功体験」というものを持ってしまいます。

この成功体験を持つと、人はなかなか自分を客観的に見つめることが難しくなります。

自分で改善点を見つけるというのは本当に難しいことなんです。

だから世の中にはコンサルタントやコーチ、顧問とか社外取締役という職業や役職があって、多くの企業が活用しているんですよね。

あなたには客観的に自分を見てくれる人がいますか?

いないのであれば、あなたももしかしたら、この床屋さんみたいになってる可能性がありますよ。

 

友だち追加↑友達はいつでもブロック出来ますので(笑)↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新規開拓なんて笑い飛ばせます・・・こんな簡単な方法を知るだけで

新規開拓は正攻法でいくと本当にむずかしい

新規開拓って正攻法でやっても本当にむずかしいですよね。私も福岡にきた当初はそれはそれは苦労しました。

そもそもコンタクトをとろうにも、担当者の名前がわからず、「情報システムの方にこんなサービスがあって、いい提案ができると思うのですがご担当者様はおてすきでしょうか?」とテレアポや飛び込みの連続です。

なんとか糸口をつかもうとするものの、待たされたあげくに「不在です」や「間に合ってます」と…。

もはや私にとって新規開拓はトラウマですね。
ことわられるたびにみんな悪い人にみえてくる…。

みんなが悪い人ではないということぐらいは頭ではわかっていても、こうまでたて続けにことわられると人格を否定されているようで、人間不信になりそうでした。

【全てを変えた出会い】


そんな不毛な日々をすごしているときのことです。

私は友人の紹介で一人の老人と出会いました。

その老人は80歳もちかいというのに、背すじはピンとのび、目ヂカラがある。しかも、いい意味でカネにもうるさい。

そして、当時の私には信じられないぐらいの人脈をもっていました。

この人に応援してもらったらどんなことになるんだろう?と…。
恐れおおくもストレートに「顧問になっていただけないですか?」とお願いしてみました。

そして全てが変わりました…。

どんなことをしても担当者にすらたどりつけなかったあの大企業の社長が、私なんかのはなしを真剣に聞いてくれて、さらにその場で担当部署の責任者をよんでくれるんです。

社長が直々にですよ。

これは夢かと…。

社長からの紹介となると責任者としては「なんとかしなくては」と普通の業務より真剣にとりくんでくれます。

そして、商談がでた瞬間に間髪いれず顧問から「このあいだ紹介してくれた〇〇さん、よくやってくれてるみたいよ。ありがとう。」と相手先の社長につたえてもらえれば、もはやこたえは明白です。

結果は想像どおりです。

破竹というのはこういうことを言うんだろうなぁと。

【結果を出す方法】


このコンテンツでは実際に私が実践して結果を出した新規開拓の方法を具体的に解説しています。

このノウハウを知り、行動すれば、今のあなたには考えられないスピードで新規取引先をふやすことができるでしょう。

たとえばこんな感じに…

担当者:社長!あの企業から商品の問い合わせが!
・・・・・・
あなた:ホントに?ウソでしょ???

担当者:あした来てくれって言われてるんです。社長、スケジュールあいてますか?

あなた:…今までの苦労はなんだったんだよ…。

とまぁこんな感じになります。

【会社を存続させるエネルギー】


「新規開拓」は、会社が生き残っていくために必要なエネルギーです。

カラダにたとえる炭水化物のようなもの。
エネルギーがないとカラダが動かないですよね。

新規開拓が大切ということは頭ではわかってはいるがおもうように開拓できない。

とにかく今は少数の既存客だけにささえられている…という会社も多いことでしょう。

しかし、よくよく考えてみてくださいね…

ある日、大口の取引先が競合にうばわれたら・・・

ある日、大口の取引先が倒産すれば・・・

ある日、大手資本がはいった競合が現れたら・・・

こたえは明白ですよね…。

あなたが知らないあいだに、直視できない、いや、したくない未来がすぐそこまでやってきているかもしれません。

そうです。
既存顧客だけに依存する依存型ビジネスはリスクが高すぎます。

そんな最悪のシナリオを回避するためにも、この方法を実践し、新規開拓をおし進めてみてはどうでしょうか?

この実践レポートには

・開かないトビラ(新規開拓)を開ける顧問のチカラ

・どんな顧問と契約すればいいのか?

・具体的な顧問契約の内容

についてわかりやすく解説しています。

・あの企業、どうすれば話を聞いてくれるんだろう…?

・担当者まではなんとか会えた。でも話がまったく進まない…。

・飛び込み営業なんて効率が悪いことなんかわかっている。でも…。

こんな悩みをもつ経営者にはぴったりのノウハウです。
すごくシンプルかつアナログなやり方ですが、効果はバツグン。

一度味方につけてしまえばまさに鬼に金棒、強烈な顧問と契約する方法です。
実際に私もこの強烈な顧問の人脈をかりて、毎月平均4社の新規企業を開拓してきました。

4社って意外と少なくない?と思うかたもいるかもしれませんが、ほとんどが従業員500名以上の企業です。その売上たるや2倍どころではありません。

冷静に考えてみると、よくあんな大企業と取引できたなぁ…と思います。

特に私の顧問はスーパー強烈で、ドラゴンクエストの「最後のカギ」クラスです(笑)。

もし、あなたがサービスや商品に自信はあるけれど、人脈や営業力がない…。

売上がうまく伸びなくていつも不安…と思っているのであれば、この実践レポートを試してみてください。

【このコンテンツを実践すれば…】


・話すら聞いてくれなかったあの大企業のトップがあなたの提案を真剣に聞いてくれます。

・たとえ競合が来ても、のりかえられる可能性はかなり低くなります。

・相手方の担当者が相見積もりをとらなくなります。そして、そう簡単には切られなくなります。

どうでしょう?
あなたが現状に満足していないのであれば、このコンテンツはあなたのビジネスのブレイクスルーになると思いますよ。


と、ここまで読んでいただきありがとうございました。

気になるのはこの実践レポートの料金ですよね。

効果てきめん、かつ、アナログなやり方なので、誰でも実践でき、結果をだせるとなると、そこそこの値段は必要になります。

新規を1件獲得するのにかける費用を計算してみてください。

たとえば社員一人が月に2件新規を獲得してくる。その社員の給料は安くみて20万と仮定したとしても、新規1件を獲得するにあたり、必要なコストは10万円となります。

このコンテンツを試して月に4件の新規獲得ができるとなると、ひと月で40万円の価値はあります。

【期間限定公開】


が、実はこのプログラム、まだまだバージョンアップをかさねながら発信しているので、完成したら40万円で販売する予定ですが、今のところ会員限定で無料公開しています。

コンテンツがかたまり次第、有料にする予定ですが、今のところは当サイトの会員限定ページで公開しています。

会員限定ページのコンテンツを見るには、まずは無料メルマガ登録フォームでメールアドレスを登録してください。

メールアドレスを登録いただけると、パスワードを送信します。

期間限定で無料公開にしていますので、是非メールアドレスを登録してアクセスみてくださいね。

無料メルマガに登録する

SNSでもご購読できます。