5Sが地方ビジネスを救う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清掃、清潔、整理、整頓が出来ない理由

5Sという言葉は知っていても、理解できていない経営層が非常に多い…

清掃、清潔、整理、整頓、躾
この5つの頭文字Sを5つ並べて5Sといいます。

呼び方はまぁどうでも良いのですが、その内容はビジネスにとっては非常に重要です。

私はクライアント先に訪問すると、どうしてもその5S状況を確認してしまいます。
5Sチェックが直接的な仕事ではないのでやらなくてもいいことではあるのですが、無意識なんでしょうね?なぜかチェックしてしまいます…

クライアント先に訪問すると応接室に通されるケースが大抵ですが、クライアントが出てくるまでの間、壁に掛けられた絵が傾いていないか?机に手アカがついていないか?配線がむき出しになってないか?などをチェックしてしまいます。

そして、チェックに該当するような会社とは一歩距離をとるようにしています。

なぜなら、お客と面談する為にあるのが応接室。
そんな応接室に気が回らない会社はお客に対しても気が回らない=感謝の気持ちが足りないからです。

面談内容や立場はどうであれ、「来てくれてありがとう」という感謝の気持ちが欠落しているからこそ、その心が絵の傾きやテーブルの手垢になって現れているのです。

【5Sで一番難しいこと】

我社では、たとえ作業中でも机の上は散らかさないように周知徹底しています。当然自分にはなおさら厳しくしています。

仕事上、ありがたいことに多くのクライアントが我社に訪れてくれます。
そして、皆一様に「凄くキレイなオフィスですね」と褒めてくれます。

なかには「我社も5S活動を取り入れたいのですが、どうすればこんなにキレイな状態を保てるのですか?」と聞かれることがあります。

そんな経営者に5Sをアドバイスする中で、もっとも難しいと思うこと。
それは単純ですが「躾-しつけ-」…習慣にすることです。

私は20代の頃に読んだある一冊の本がきっかけで5Sの重要性を痛感しました。
あの本を読んだとき。
まさに背骨に電流が流れたのを今でもよく覚えています。

その一冊の本との出会いで、私は5Sとビジネスの関係性に気付き、徹底することを心に「ちかえ」ましたが、これを他人に理解させるにはなかなかの時間と労力が必要です。

とはいえ、100%の理解は得られなくとも50%ぐらいの理解と100%の行動は出来る。

初めは言われたことだからしぶしぶ…でも良い。
しぶしぶでも継続さえしていれば、いつかは真意を理解してもらえます。

では、どうやって100%の行動をさせるのか?

これにはコツがあります。

【継続する為のコツ】

答えを言います。

言い出しっぺであるあなたが率先してやるんです。

例えば、毎朝始業9時から15分間は掃除の時間にする!と発表します。

ここで気をつけることは細かいルールは後回し。
とにかく「やる」ということを伝える。

そして、一旦言った後は、周りに強要することなく、あなた自らが淡々黙々と毎日同じ時間に掃除をする。

当然部下の机の上も雑巾で拭きますし、掃除機もかける。ゴミ箱を空にし、普段気にならない棚の上とかもキレイにする。
周りからしてみると目障りなので気付かないはずがない。

これを続けていると、「僕も、私も手伝います」という仲間が、一人、また一人と増えてきます。
ここで増えてこないような職場は相当重症ですので、5S以前の方法を考えた方が良いです(泣)。

この空気が社内に浸透してくれば第一段階は無事突破。

次は掃除道具を人数分取り揃え、掃除道具置き場を決める。

5Sを徹底する上で、重要なのが、この「掃除道具を大切に扱う」ということ。
掃除道具を大切に、キレイに扱うことが5Sを徹底させるうえではかなり効果があります。
掃除機を掃除するなんてなかなかやらないことですが、これは本当に、本当に大切です。

そして、掃除道具には剥がれないようにテプラを貼り、置き場にもテプラを貼る。
これはここに置くということを誰が見ても分かるようにするんです。

それが浸透してきた後に、掃除箇所や時間、担当を共有すれば、ルーティン=躾になります。

意外なことに、大抵の人は「キレイ好き」です。
キレイにすることと仕事の効率がイコールになっていないだけ。
やれば自発的にやってくれるのが掃除の素晴らしい面でもあります。

カギは言いだしっぺの率先垂範が一番効果があるということを忘れないで下さい。

【5Sの順番】

5Sは掃除から始めることです。
掃除さえしていれば自然と清潔になります。

そして、掃除が身についたら、次は一番重要な「整理整頓」へとランクアップ。

実はこの5Sの中で、一番ビジネスの役に立つのが「整理」と「整頓」なんです。

整理と整頓は一くくりにしても良いと思いますが、整理整頓は準備と時間短縮、効率アップに繋がります。

整理整頓が出来ていれば何かを探すときに、どこに置いてあるかを探さずにすみます。
地味ですが、コツコツと時間短縮に繋がります。

考えてもみて下さい。
もし、あなたの自宅でテレビのリモコンや携帯の充電器、車の鍵を毎日探さなければならないほど散らかっていたとすれば…

朝、眠たい眼をこすりながらも、ニュースを見ようとしてもリモコンがない。
そんなながらも何とか身支度を整え、さぁ、出かけようとすると、今度は車の鍵がない…。
あれ?あれれ?どこだっけなぁ…と探しているうちに出発時間ギリギリになり、慌ただしく出かけていく。
そうなると1日のリズム、良くても午前中のリズムは狂いますよね。

極端かもしれませんが、整理整頓が出来ていない職場では↑と同じようなことが起こっています。

あなたが部下に「あれどうなった?資料見せて」と言って1分以内に出てくれば上出来です。

「あ、あれですね…。少々お待ちください…。あれ?どこいったかなぁ…。あれ…」
これ、おそらく10分ぐらいかかります。

指示から提出まで10分ぐらいかかる会社にはメールフォルダにしても同じことがおこってます。

全てのメールが一つの受信フォルダに蓄積されていて、誰から来たメールかも振り分け(整理整頓)出来ていない。
見つける為に時間はかかるわ、返信の意識も薄れるわで…。
もう、生産性もクソもあったもんじゃない。

経営者は「整理整頓は生産性を上げる為には必要なこと」だという意識を持たなければなりません。

首都圏の会社は地方の会社に比べて比較的にキレイです。
なかなか5Sが出来ています。
来客数によるかもしれませんが、「そんなに来客ないからね…」と地方だからといって踏ん反り返ってはいけません。

【掃除大賞2017の凄さ】

先日朝のニュースで掃除大賞2017を受賞した九州木材工業さんが取り上げられていました。

この、九州木材工業さんは3年前から5S活動を徹底し、見学者を年間30人から400人までアップすることに成功しました。
そして、「これだけキレイな会社なら商品も間違いない」との信頼を得て売上もなんと1.5倍まで伸ばしました。

副産物としては毎朝全員で一緒に掃除をするので、社員間のコミュニケーションも取れ、部門間の連携も上手くいくようになったとのこと。
これも売上げアップに繋がる理由の一つだと思います。

その毎朝の清掃内容は凄まじい徹底ぶりでしたが、やはり、社長自らが率先して清掃をしてました。

掃除なんてものは下の者がやること…というのは時代風景に合わない間違った考え方。
家事育児は女だけがやるもの…というような時代錯誤な考えかたと同じです。

ラグビー強豪高校の東福岡ラグビー部の掃除は3年生が担当しています。
3年生が掃除をしている間に、1年生は練習しています。
これも、東福岡ラグビー部の強さを支える一つの要素でもあります。

地方ビジネスを成功させるコツも5Sの徹底が握っているのかもしれません。

社内の雰囲気を変えたい!生産性を上げたい!と思うのならば、まずは掃除を始めてみることですね。

だまされたと思ってやってみて下さい。
きっとだましてはいないことに気付くでしょうから。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新規開拓なんて笑い飛ばせます・・・こんな簡単な方法を知るだけで

新規開拓は正攻法でいくと本当にむずかしい

新規開拓って正攻法でやっても本当にむずかしいですよね。私も福岡にきた当初はそれはそれは苦労しました。

そもそもコンタクトをとろうにも、担当者の名前がわからず、「情報システムの方にこんなサービスがあって、いい提案ができると思うのですがご担当者様はおてすきでしょうか?」とテレアポや飛び込みの連続です。

なんとか糸口をつかもうとするものの、待たされたあげくに「不在です」や「間に合ってます」と…。

もはや私にとって新規開拓はトラウマですね。
ことわられるたびにみんな悪い人にみえてくる…。

みんなが悪い人ではないということぐらいは頭ではわかっていても、こうまでたて続けにことわられると人格を否定されているようで、人間不信になりそうでした。

【全てを変えた出会い】


そんな不毛な日々をすごしているときのことです。

私は友人の紹介で一人の老人と出会いました。

その老人は80歳もちかいというのに、背すじはピンとのび、目ヂカラがある。しかも、いい意味でカネにもうるさい。

そして、当時の私には信じられないぐらいの人脈をもっていました。

この人に応援してもらったらどんなことになるんだろう?と…。
恐れおおくもストレートに「顧問になっていただけないですか?」とお願いしてみました。

そして全てが変わりました…。

どんなことをしても担当者にすらたどりつけなかったあの大企業の社長が、私なんかのはなしを真剣に聞いてくれて、さらにその場で担当部署の責任者をよんでくれるんです。

社長が直々にですよ。

これは夢かと…。

社長からの紹介となると責任者としては「なんとかしなくては」と普通の業務より真剣にとりくんでくれます。

そして、商談がでた瞬間に間髪いれず顧問から「このあいだ紹介してくれた〇〇さん、よくやってくれてるみたいよ。ありがとう。」と相手先の社長につたえてもらえれば、もはやこたえは明白です。

結果は想像どおりです。

破竹というのはこういうことを言うんだろうなぁと。

【結果を出す方法】


このコンテンツでは実際に私が実践して結果を出した新規開拓の方法を具体的に解説しています。

このノウハウを知り、行動すれば、今のあなたには考えられないスピードで新規取引先をふやすことができるでしょう。

たとえばこんな感じに…

担当者:社長!あの企業から商品の問い合わせが!
・・・・・・
あなた:ホントに?ウソでしょ???

担当者:あした来てくれって言われてるんです。社長、スケジュールあいてますか?

あなた:…今までの苦労はなんだったんだよ…。

とまぁこんな感じになります。

【会社を存続させるエネルギー】


「新規開拓」は、会社が生き残っていくために必要なエネルギーです。

カラダにたとえる炭水化物のようなもの。
エネルギーがないとカラダが動かないですよね。

新規開拓が大切ということは頭ではわかってはいるがおもうように開拓できない。

とにかく今は少数の既存客だけにささえられている…という会社も多いことでしょう。

しかし、よくよく考えてみてくださいね…

ある日、大口の取引先が競合にうばわれたら・・・

ある日、大口の取引先が倒産すれば・・・

ある日、大手資本がはいった競合が現れたら・・・

こたえは明白ですよね…。

あなたが知らないあいだに、直視できない、いや、したくない未来がすぐそこまでやってきているかもしれません。

そうです。
既存顧客だけに依存する依存型ビジネスはリスクが高すぎます。

そんな最悪のシナリオを回避するためにも、この方法を実践し、新規開拓をおし進めてみてはどうでしょうか?

この実践レポートには

・開かないトビラ(新規開拓)を開ける顧問のチカラ

・どんな顧問と契約すればいいのか?

・具体的な顧問契約の内容

についてわかりやすく解説しています。

・あの企業、どうすれば話を聞いてくれるんだろう…?

・担当者まではなんとか会えた。でも話がまったく進まない…。

・飛び込み営業なんて効率が悪いことなんかわかっている。でも…。

こんな悩みをもつ経営者にはぴったりのノウハウです。
すごくシンプルかつアナログなやり方ですが、効果はバツグン。

一度味方につけてしまえばまさに鬼に金棒、強烈な顧問と契約する方法です。
実際に私もこの強烈な顧問の人脈をかりて、毎月平均4社の新規企業を開拓してきました。

4社って意外と少なくない?と思うかたもいるかもしれませんが、ほとんどが従業員500名以上の企業です。その売上たるや2倍どころではありません。

冷静に考えてみると、よくあんな大企業と取引できたなぁ…と思います。

特に私の顧問はスーパー強烈で、ドラゴンクエストの「最後のカギ」クラスです(笑)。

もし、あなたがサービスや商品に自信はあるけれど、人脈や営業力がない…。

売上がうまく伸びなくていつも不安…と思っているのであれば、この実践レポートを試してみてください。

【このコンテンツを実践すれば…】


・話すら聞いてくれなかったあの大企業のトップがあなたの提案を真剣に聞いてくれます。

・たとえ競合が来ても、のりかえられる可能性はかなり低くなります。

・相手方の担当者が相見積もりをとらなくなります。そして、そう簡単には切られなくなります。

どうでしょう?
あなたが現状に満足していないのであれば、このコンテンツはあなたのビジネスのブレイクスルーになると思いますよ。


と、ここまで読んでいただきありがとうございました。

気になるのはこの実践レポートの料金ですよね。

効果てきめん、かつ、アナログなやり方なので、誰でも実践でき、結果をだせるとなると、そこそこの値段は必要になります。

新規を1件獲得するのにかける費用を計算してみてください。

たとえば社員一人が月に2件新規を獲得してくる。その社員の給料は安くみて20万と仮定したとしても、新規1件を獲得するにあたり、必要なコストは10万円となります。

このコンテンツを試して月に4件の新規獲得ができるとなると、ひと月で40万円の価値はあります。

【期間限定公開】


が、実はこのプログラム、まだまだバージョンアップをかさねながら発信しているので、完成したら40万円で販売する予定ですが、今のところ会員限定で無料公開しています。

コンテンツがかたまり次第、有料にする予定ですが、今のところは当サイトの会員限定ページで公開しています。

会員限定ページのコンテンツを見るには、まずは無料メルマガ登録フォームでメールアドレスを登録してください。

メールアドレスを登録いただけると、パスワードを送信します。

期間限定で無料公開にしていますので、是非メールアドレスを登録してアクセスみてくださいね。

無料メルマガに登録する

SNSでもご購読できます。